プチ整形でぱっちり目元に|憧れの二重になれる方法|目的に合わせて受ける整形

憧れの二重になれる方法|目的に合わせて受ける整形

プチ整形でぱっちり目元に

レディー

いろいろな施術法

二重まぶたに憧れる人は多く、二重を作るメイク道具や化粧品が数多く販売されています。簡単にぱっちりとした目元になれる方法ではありますが、半永久的には持続しないところがデメリットといえます。そんなデメリットを解消したいなら、二重整形がおすすめです。目の整形というと躊躇するかもしれませんが、最近の整形施術は体に負担がかからない、手軽にできる施術方法が増えています。二重整形といっても種類が多いのです。中でも人気なのが埋没法です。埋没法とは、目を開ける筋肉と皮膚を糸で連結させて二重を作りだす方法です。皮膚を切開しないで二重を作るという特徴があります。施術は10〜20分と短時間で終わり、切開する必要もないので腫れも少ないです。1点留め、2点留め〜6点留めなどの、施術場所によって留め方の種類が異なることがあります。

向いていない人も

簡単に施術できることで人気の埋没法ですが、まぶたの状態によってはこの方法が向いていない人もいるので注意が必要です。埋没法は、目を開ける力と皮膚の厚みが大きく影響する方法だからです。例えば、まぶたが厚すぎたり、目を開ける力が弱すぎる人は向いていないといえます。糸で皮膚を留めるだけでは二重が作りにくく、皮膚を切除したり、脂肪を取り除く必要がでてきます。その場合は、埋没法以外の施術方法を行うか、または4点留め、6点留めなど、糸を留める数が多くなると、分厚いまぶたにも対応できることがあります。施術方法の種類と医師の技術力が影響してきます。人気があるプチ整形であるからといって、自分に合っている方法かどうかはわかりません。目の整形を得意とする施術場所を慎重に選び、医師としっかり相談して決定することがおすすめです。